忍者ブログ

毛だらけ日記3

ゴールデンレトリーバーのイアルとの日々を、
毎日つらつらと書きなぐっています。
Jcomのブログから数えて3本目。
今後もよろしくお願いします。

[PR]

2019/08/19(Mon)15:36

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

大木闊歩

2017/05/28(Sun)20:35

夜、少し遅くなり、
帰って来たのが1時。

やめときゃいいのに進撃の巨人を見てしまったので、
寝たのが2時半…。

で、起きたのがいつもの4時45分…。
なので今日の朝んぽは20分のショート。

帰ってすぐに二度寝w
起きたら8時wwww

午前中の仕事は11時に終わったので、
イアルと一緒に昼寝した。
起きたら1時。

昼食をとって山手に車を走らせる。
去年も開店した出張Flourbee* in 大木(おおぎ)。

去年とは会場が異なり、上大木の町会館となった。
大木小学校隣の駐車場に車を止める。
町会館はさらに山手だが、
そのまま行っても面白くないので、
下大木方面へ歩くことにした。



下大木の樫井川を渡る橋を通って、
水間へ抜ける街道に出る。

大木の村中ではメジャーな道だが、
ここから永楽ダムへのルートは、
ほとんど知られていないマイナーな道となる。

昔はここを水間鉄道が粉河まで結ぶ計画があり、
その免許を水間鉄道が持っていたが、
比較的最近その免許が失効した。

その役割は熊取から粉河までバスが代わっている。
鉄路が敷かれなくてよかった。
実現したら壮大な赤字路線だw



その街道、今でも昔の面影が残っている。
とてもいい雰囲気。



大木地区は田植えが始まっていて、
早生はすでに植えられていた。



50分近く歩いて上大木町会館へ。



会館の中は大勢のお客さん。
スタッフはてんてこ舞いw
ドリンクなどが足りなくて、
取りに帰ったりもしたそうだ。

凄いよwww

コーヒーを飲んで少し休憩した後、
さらに奥のつり橋を見に行ってきた。



思いの外しっかりとした吊り橋だ。
この道は市の道でも府の道でもなく「村の道」

昔は犬鳴山への参詣道として使われたのだそうだ。
バスはこの写真の右側を通っている。
最終的にはその道に合流する。

少し前までこの橋はかなり傷んでいたらしいが、
このイベントが行われるにあたり、
町会が修繕してくれたのだそうだ。
おかげでこんなしっかりした橋に。



下には樫井川が流れている。
かなり綺麗。
ホタルも飛ぶらしい。

ただし日が暮れると真っ暗なので、
ホタルを見に来る気にはなれないwww

イアルはビビッて渡れないと思っていたのだが、
作りがしっかりしていたので安心したのか、
何の躊躇もなくわたっていた。
ちょっとびっくりw

泉佐野市に住んで40年以上だが、
ここまで大木地区をしっかり歩いたことはなかった。

地元でも知らないところがいっぱい。
いろいろ発見があって面白かった~~。
PR

No.290|散歩Comment(0)Trackback

Comment

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字