忍者ブログ

毛だらけ日記3

ゴールデンレトリーバーのイアルとの日々を、
毎日つらつらと書きなぐっています。
Jcomのブログから数えて3本目。
今後もよろしくお願いします。

[PR]

2019/08/22(Thu)16:58

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

ジェットコースター

2016/10/28(Fri)17:07

昼前に仕事がはけたので、
車の相談をしにいつもの整備工場へ。

もうちょっと簡単に考えていたのだが、
思ったよりも複雑だった。

「乗って」帰るにはまず車の状態がどうなっているか。
写真ではわからないことが多いので判断が難しい。

バッテリー以外に、ガソリンがどうなっているか。
腐ってインジェクションで詰まってたりすると難儀。
不動10か月くらいならいける可能性もあるし。

車には固有の番号、車体番号が刻印されているが、
今回は改ざんされている。

エブリイの場合運転席ドアを開けたところに、
コーションプレートというものが貼り付けられているが、
それも貼り替えられている。

エンジンに刻印されている番号は元のままだったので、
ここから盗難車だと判明したらしい。

この車、どうやって車籍を復活させるか。

この段階では車検証がないので、

仮ナンバーも借りられない!

自賠責にも入れない。

公道を走れない!

八方ふさがり。


昼イチに和泉の軽自動車協会に行って聞いてみた。
電話で聞いても良かったのだが、
きちんと説明できるか全く自身がなかったので直接行ったw

相談口で事のあらましを説明。
「本当の」車体番号は、
以前加入していた任意保険の保険証書から判明したので、
それを提示すると、
残っていたデータから「おそらく」僕のものだということがわかってくれた。

ただ、確実に証明しないと車体番号の打ち直し、

職権打刻

が出来ないし、
職権打刻しないと車検も受けられない。
スクラップでしか処分できなくなる。

コーションプレートがそのまま残っていれば事は簡単で、
すぐにでも車検を受けられるようになるらしいが、
相手はプロの車泥棒、残っているはずはない。

そこで必要になるのは、


警察がどうやって僕にたどり着いたか。


そう、エンジン番号


スズキに問い合わせて、


販売証明書を発行してもらう。


そこには車体番号エンジン番号等が記載されている。

それと警察がエンジン番号から
たどり着いたという証明書
を、
書面にして出してもらい、
それと、盗難自動車発見の届
自動車車検証返納証明書の異質等に係る新規検査願書、
印鑑証明もしくは住民票の写し、
これを添えて軽自動車協会に提出すると、
職権打刻をしてもらって新しい車体番号を入手し、
それで車検を受けて晴れて大手を振って乗れるようになる。

しかしここで大問題。


千葉県野田警察署から自走して来れない。


物理的に乗れるかどうかは別にして、


法的に乗れない。


車検証がないと仮ナンバーが交付されない。

車体番号がないと自賠責保険に入れない。


自走で帰郷はこれで詰み


さてこれからはお金の話になってくる。

車載車をチャーターして野田警察まで行ってもらって積んで帰ってもらう。
で、グーグル先生に聞いてみた。


14万くらいかかるwwwwww


びっくりしたが、冷静に考えると仕方のない値段。

運よく帰ってくる車載車に積んで帰ってもらう手もあるが、
そんな確率は天文学的数字になるやろな。


しかしもうそれしかないと思っていたら、
軽自動車協会から帰ってきて車屋さんに報告していると、
面白いアドバイスをいただいた。


レンタカーで車載車を借りて自分で積んで帰ってくる。



レンタカー代、サクッと調べてみると、
だいたい一日2万円くらい。
2日借りて4万弱。
高速代、軽油代込みで7~8万くらいと試算。
かなり安くなった!

とはいえ、こっちに帰ってきても自走できない。
和泉の軽自動車協会に行くにもレッカー移動。
かなり面倒くさいしお金もかかる。

持って帰って来るのに7~8万、
さらに職権打刻を受けるのにさらに数万円もかけてな~ということで、
買いたたかれてもいいから現地で処分する方法も考えた。

なんとかつてをたどって車屋を紹介してもらい、
職権打刻できるように書類を送って、
現地ですべてやってもらう作戦。
これなら安くはなるが向こうに行かなくて済む。

この時点で、取りに行くなら車載車をレンタル。
現地で処分することも視野に入れる。
この二通りの作戦をとることに決めた。

ここで4時前になったのでイアルを連れて滝ノ池へ。

滝ノ池を散歩していると千葉県警野田警察署から電話が。

とりあえずコーションプレートのことを再確認。
やっぱり張り替えられていた。
これで簡単に車籍復活とはいかなくなった。

しかも職権打刻は和泉の軽自動車協会でしか打てない。

現地で処分する方法としては、
スクラップとしてしか方法はなくなった。
だったら行く価値はまったくない。


さらに追い打ちの情報。

この車を「騙されて」買ったおっさん、


「なんだったらそのまま乗ってやってもいいよ~」


しかも追い銭は出さんとのこと。


ふざけんなこのくそヴォケ!!!


誰がお前なんぞにやるかヴォケwwww


警察も、


「そりゃそうでしょうねw」


当たり前田のクラッカー。


こなれば意地でも持って帰って来てやる!


最低でも現地でスクラップにしてやる!




しかしここで朗報がwwwww


刑事さんが野田市役所に問い合わせてくれて、


「盗難を受けたという特殊な事例の車」


ということで仮ナンバーを発行してもらえることが判明www


さらに、自賠責も同じような特殊事例ということで、
加入できることが判明wwwwww


しかもw


警察のすぐそばにオートバックスがあって、
そこまでなんとか自走できれば点検もしてもらえるwwww


なんとかなりそうな状況になってきたwww


早ければ来月半ばにでも日帰りで取りに行く予定。
一気に具体性が増してきたwww



待ってろエブリイ初号機www


今日はジェットコースターみたいな一日だったw

PR

No.81|Comment(1)Trackback

Comment

無題

2016/10/28(Fri)18:57

今日1日お疲れ様でした、、、
盗難に遭うと、被害者なのに、こんなに大変な思いをしないと、いけないのですね!(自分のものなのに)
読んでいて僕には絶対ムリ!勘弁して〜って感じです。早く戻って来ると良いですね。

No.1|by ナッツパパ|URLMailEdit

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字